FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月27日 船屋の工事も始まる 

6月27日 2日ほど前から、爬龍船を格納する
船小屋の作成が始まりました。

20100627173123.jpg
場所はビジターセンターの裏、昔の場所とほとんど変わりませんが
昔の場所は、個人の土地にちょっとだけ掛かっていたため、
数mほどビジターセンターに近づいています。




20100627173043.jpg
基礎コンの厚さは15cmだそうです。





DSCN2878.jpg
爬龍船は表に戻して、船の内部に油を塗っています。



DSCN2881.jpg
進水式までもうすぐです。




スポンサーサイト

6月17日 理事会がありました。 

6月17日 理事会があり、現在までの寄付の状況や
進水式、豊年祭の日程の内容などを確認した。

7月3日が進水式、8月1日が豊年祭で確定。

なお、新爬龍船用に船屋を造ることも内定。
寄付金では、材料費程度しかまかなえそうにないが、館長が
「ゆいまーるでやろう」との一言で皆でやることになる。

さて、どうなることやら。

6月16日 油をたっぷりと 

6月16日 2艘の船に油をたっぷりと塗りました。


P6162288.jpg
ボタボタ垂れてくるほどたっぷりとね。



P6162289.jpg
サメの油が一番いいようですが、手に入らないため
天ぷらなどを揚げた油を使っています。若干、サーターアンダギー色です。




鷹の目
う~ん、この目の迫力を出したいなあ。




6月9日 目玉 

6月9日 目玉が入りました。
目玉は、旧船からトレースしたものです。

P6122262.jpg




P6122263.jpg
だれが入れたかは秘密です。







6月1日 手直し 

6月1日 内部造作のちょっとした手直しを依頼し、大工さんに来てもらう。

なんどか、島のオジイにも白保の作業場に足を運んでもらいましたが、やっぱり
アウェイで見るのとホームで見るのは違うみたいですね。2~3日くらいの作業かな。

P5282216.jpg



P5282217.jpg
自分達も船を磨いたりしてます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。